中国在住のある男性が先月24日、宝くじで40億円を超えるほどの高額当選を果たした。これほどの額が当たれば嬉しさのあまり友人や家族につい喋ってしまいそうだが、男性は大金を持つことの怖さを知っていたようで、「家族が変わって怠けてしまうのが怖い」と家族にすら話さずに秘密にしているという。『South China Morning Post』などが伝えた。

このほど宝くじで大金を当てた男性は“リー(Li、仮名)”と明かしており、中国・広西チワン族自治区にて80人民元(約1630円)で40枚の宝くじを購入した。選んだ番号が当選番号と一致した数で当選金額が決まるタイプ宝くじで、リーさんは40枚全てを2、15、19、26、27、29、2と同じ並びの番号で購入した。そして当選番号が発表されると7つ全ての数字が一致しており、1枚当たり548万人民元の配当金となり、当選金額は合計2億1920万人民元(約44億5400万円)となった。

今月24日に同自治区南寧市にある宝くじセンターへ換金に訪れた男性は、黄色いキャラクター着ぐるみを着て贈呈式に臨んだ。これは当選者の身分を隠すために考案されたもので、中国で流行している方法だという。

リーさんは贈呈式で「当選が判明した日は眠れませんでした」と高額当選に大喜びしたことを語ったが、「妻や子どもたちにこのことを話すつもりはありません。他人に優越感を抱き、将来勉強や仕事に打ち込まなくなってしまうことが心配なのです」と友人だけでなく家族にすら当選の事実を話すつもりはないと明かした。

リーさんが懸念するように、大金を手にしたことで周囲の人物が豹変するケースもある。昨年には米オクラホマ州で、2億2000万円の宝くじに当選した女性が夫に殺害されており、急に巨額を手にすることの恐ろしさが露呈したこの事件に多くの人が驚いていた。

これまで10年以上にわたって宝くじを買い続けてきたリーさんは、数十人民元ほどの当選しか経験していなかった。「趣味として宝くじを購入していたので、家族はあまり気にしていませんでした。宝くじの購入にそこまでの金額を使ってはおらず、私にとって宝くじは希望の光を与えてくれるものでした」と話すリーさんは、同じ数字が並んだ宝くじを買い始めたのはここ数年のことだったという。その理由について「見た目がいい感じだったから」とそれほど深い意味はなかったそうだ。また当選が発覚した先月21日は金曜日で、換金は次の月曜日だった。週末の間に当選した宝くじを失くしてしまうことを恐れたリーさんは、土日の間ずっとホテルに泊まって一歩も外には出なかったと話している。

なおリーさんは当選金額のうち500人民元(約1億円)を慈善団体に寄付し、4300人民元(約8億7400万円)の税が引かれた合計1億7120人民元(約34億8000万円)を手にしたが、残りの当選金の使い道はまだ決めていないそうだ。

画像は『South China Morning Post 2022年10月30日付「Mystery lottery winner in cartoon costume: Chinese man who won US$30.6 million jackpot keeps windfall secret so family won’t become conceited」(Photo: Baidu)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

秘密にするのは理解できる気がします。
私には無縁の心配事ですが…

<このニュースへのネットの反応>

身分を明かしたら、翌日から知らない親戚から沢山連絡が来るからなw



家族に秘密にしようとしても無理だろうなぁ 



ツッコミ入れようと思ったら着ぐるみが本人なのか。三日と持たずバレそうな気もする。



人間をよく理解してるな