無人自動走行ロボットによる移動販売の実証実験開始(千葉県美浜区 幕張新都心)

そのうちに自動運転とかも普通になっていくのだろうか?
進化を続ける技術から目が離せないですね。

KCCS、幕張新都心で無人自動走行ロボットによる移動販売の実証実験を開始
京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は7月27日、温冷蔵機能を備えた無人走行ロボットによる移動販売サービスの実証実験を、千葉県美浜区の幕張新都心で開始。8月2日には、メディア関係者向けデモンストレーションが行われた。

■モビリティ活用が進む千葉市で実証実験を開始

KCCSは、無人自動走行ロボットを活用し、モノやサービスを必要とする人のもとへ届けることで、子どもから大人まで誰もが安心・快適に住み続けられる街づくりの支援を目指し、自動走行を行う低速モビリティの活用可能性調査や技術検証を行っている。

同社は今回、配送業における慢性的な人手不足解消に加え、大規模住宅が集まる住居地区全体での高齢化が進む「オールドニュータウン化」などで表出する買い物の課題に対し、自動ロボットによる商品購買までのアクセス改善を目指し、実証実験を行うとしている。

同社はこれまで、2021年8月~9月に北海道石狩市で、2022年3月に幕張新都心で、無人自動走行ロボットを活用した配送サービスの実証実験を行っており、今回は自動走行の実績がある幕張新都心での実施に至ったという。

また、幕張新都心が位置する千葉県千葉市は、先進的なモビリティサービスの活用を目指し「幕張新都心モビリティコンソーシアム」を運営しており、今般の実証実験に際しても積極的に協力しているとのことだ。


【日時】2022年08月05日 15:52
【ソース】マイナビニュース
【関連掲示板】







#2 [匿名さん] :2022/08/06 01:44

埋め立て地の所?


#4 [匿名さん] :2022/08/06 01:48

テーマパークや球技場などで需要がありそう


#8 [匿名さん] :2022/08/06 14:33

これに乗って移動できそう