メイン画像

石川県ではこれまでの大雨で水位が上昇し、梯川(かけはしがわ)で氾濫が発生しました。ただちに命を守る行動をとってください。手取川(てどりがわ)では氾濫危険水位に到達したため、氾濫危険情報が発表されました。川には絶対に近づかないでください。

石川県梯川で氾濫発生 手取川で氾濫の恐れ

画像A

石川県の梯川(かけはしがわ)ではこれまでの大雨で水位が上昇し、氾濫が発生しました。【警戒レベル5相当】

梯川では、埴田町、鵜川町、遊泉寺町地先10.2k から 10.6k(右岸)付近において(堤防越水による)氾濫が発生しました。
小松市能美市ではすでに浸水が発生していてもおかしくない状況です。
直ちに、市町村からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとるようにしてください。

また、石川県の手取川(てどりがわ)の鶴来水位観測所(白山市)では「氾濫危険水位」に到達しました。氾濫危険情報が発表されています。【警戒レベル4相当】氾濫危険情報とは、避難指示の発令の目安です。
手取川では堤防決壊等による氾濫の恐れがあり、金沢市野々市市白山市能美市、能美郡川北町小松市では氾濫によって、浸水する恐れがあります。川の流れもかなり早くなっていますので、川の付近には絶対に近づかないでください。

直ちに、市町村からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとってください。

いつ避難する? タイミングは?

画像B

土砂災害や川の増水などの災害は、急に発生して、一気に被害が広がるため、避難が遅れると、命にかかわります。

そこで、避難のタイミングが重要です。警戒レベル3の場合、高齢者や障害のある方などは、安全な所へ避難しましょう。警戒レベル4では、対象地域の方は、全員速やかに避難してください。警戒レベル5では、すでに安全な避難ができず、命が危険な状況です。このため、警戒レベル5緊急安全確保の発令を待ってはいけません。警戒レベル4までに、必ず避難してください。

天気が荒れてしまうと、道路状況が悪くなったり、暴風で物が飛んできたりするなど、避難の際の危険度が高まります。避難指示が出されていなくても、少しでも危険を感じたら、自ら避難しましょう。不安を感じたら、その時が避難のタイミングです。「自主的に、早めに、安全な所へ避難する」という防災意識をもって、避難する際は、近所の方々にも声をかけ、複数で行動してください。

浸水害や土砂災害から避難するには

画像C

北陸地方には、まだ局地的に発達した雨雲がかかり続けています。雨が弱まっても、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫などに厳重な警戒が必要です。避難するには、ポイントが2つあります。

1つめは、早めの避難を心掛けることです。特に、お年寄りや障害のある方など、避難に時間のかかる方がいらっしゃる場合は、大雨になってしまう前に、行動してください。また、夜中に大雨が予想される場合は、なるべく明るいうちに、避難所など安全な所へ避難することが重要です。

2つめは、より安全な所へ避難することです。これまで、土砂災害の多くは、木造家屋の1階で被害にあっています。すでに雨が強まっているなど、どうしても避難場所への移動が困難な場合は、近くの頑丈な建物の2階以上へ移るのも、選択肢の一つです。家の中に留まる場合も、斜面から離れた部屋や、2階以上の部屋へ移ってください。

万が一、土石流が発生した場合は、土砂の流れる方向に対して直角に、できるだけ高い所へ避難することが、命を守ることにつながります。

石川県梯川で氾濫発生 手取川で氾濫危険水位に到達 川には絶対に近づかないで


(出典 news.nicovideo.jp)

雨が止んでも一日後に河川が氾濫するそうです。
引き続き警戒ください。

<このニュースへのネットの反応>