2008年6月、死者7名、負傷者10名を出した秋葉原通り魔事件7月26日午前、加藤智大死刑囚(39)の死刑が執行された。事件から14年目のことだった。古川法務大臣は臨時の記者会見で「被害者はもちろん、ご遺族の方々にとっても無念このうえない事件」と述べ、慎重に検討を重ねた上で死刑を執行したとした。

 なぜ、数多の命は一瞬にして奪われてしまったのか。加藤死刑囚が記した手紙、遺族が「週刊文春」に悲痛な思いを語った当時の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2010年2月4日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

「事件から公判までの約1年7カ月は非常に長かったなぁという気持ちです。早く公判を開いて、『死刑にして欲しい』との気持ちをずっと持っていました。

 犯人には息子の命を奪われただけではなく、私たちの人生までメチャクチャにされた。事件直後はボーッとして、何も手につかない状態でした。職場復帰しても、体調がすぐれず、精神科に通い薬を処方してもらっていたんです。体調は今もすぐれません」(ある犠牲者の父親)

 死者7名、負傷者10名を出した秋葉原通り魔事件2008年6月)がようやく初公判を迎えた。遺族と被害者に今の心境を聞いた。

 昨年11月被害者と遺族のもとに、被告の加藤智大から便箋6枚に及ぶ謝罪の手紙が届いた。

「手紙には、『(私の罪が)万死に値する』とありました。鬼畜のような心から、人間らしい心を取り戻して、死をもって償うのはいいこと。でも、報道を見聞きしている限り、彼は人生の挫折を自分のせいではなく、自分が置かれていた環境や周囲のせいにしているように思えます」(同前)

手紙では〈申し訳ない〉を繰り返したものの…

 手紙の中で加藤は〈申し訳ない〉を繰り返し、〈当然死刑になると考えています〉と記している。だが、その一方で遺族、被害者の苦痛については、次のように書いて違和感を与えている。

〈私にはそういったもの(温かい家族、恋人、友人、同僚)はありませんので、それらが理不尽に奪われる苦痛を自分のこととして想像することができず歯がゆいのですが、おそらく、私の唯一の居場所であったネット掲示板において、私が荒らし行為によってその存在を殺されてしまった時に感じたような、我を忘れるような怒りがそれに近いのではないかと思います〉

 手紙を読んだ遺族の怒りは収まらない。

「あんなにたくさんの人に危害を加える前に、自分がトラックにぶつかって死ねばよかったんじゃないかなと思う。彼の言うとおり『死をもって償いをしろ』と思います。とても情けはかけられません」(同前)

 手紙の受け取りを拒んだ遺族もいた。

「手紙は送り返しました。裁判の傍聴はしません。事件を思い出してしまうし、犯人の顔を見たら、正常な気持ちを保てないからです」(別の遺族)

ダガーナイフの傷跡

 事件の傷跡は、精神的にも肉体的にも、今も深く残っている。

「息子はまだ若かったし、(亡くなる)順番が逆かなと思います。他人から見れば普通の生活をしているようなイメージがあるかもしれませんが、この先ずっと普通の生活が戻って来るとはありません……」(同前)

 被害者の介抱に当たっている間に、背後から刺された元タクシー運転手のAさんはこう話す。

「不安は今も残ったまま」

ダガーナイフで受けた傷は肺から肝臓にまで達していました。約50日間、入院生活を余儀なくされ、退院後も精神安定剤や肝臓、痛み止め等の薬を1日3回飲み続けなければならない生活が続きました。労災で入院費や通院費を賄っていたんですが、昨年の9月末に労災の期限が切れ、実費に代わったため、今はもう病院にも通っていません。

 今でも右胸部から脇腹部分がマヒしたままです。医師には『神経が切られてしまったので一生症状が改善することはない』と告げられました。一度職場復帰しましたが、後遺症と思われる偏頭痛や手足の痺れに悩まされ仕事を辞めざるをえなくなり、今は失業保険で何とか生活している状態です……」

 Aさんは現在、ハローワークに通いながら自宅療養する生活を送っている。

「たとえ仕事をはじめても、また以前のように後遺症による偏頭痛がするのではないか、という不安は今も残ったままです」

 加藤は〈きちんと全てを説明しようと思っています〉とも書いた。今更何を説明しようというのか。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2010年2月4日号)

事件現場


(出典 news.nicovideo.jp)

死刑についてはいろいろな考えがありますが、彼が犯した身勝手な行為は決して許されることではありません。このような事件が二度と繰り返されることのないように。

<このニュースへのネットの反応>

復讐は何もうまないなんて上っ面だけのきっしょいのもいるが、少なくとも遺族は救われる。それだけで十分な成果なのになあ





死刑は執行までの間が究極の刑罰。朝起きて今日声がかかるかもしれないという恐怖を毎日味わう。とっとと執行しろという声もあるが、数年はその恐怖を味わってもらいたいね。


「冤罪の懸念も情状酌量の余地も更生の見込みもない」という方向で結審したこの事例で、今まで執行しなかったことに対しての疑問以外の何もない。


数年は恐怖を味わえとか言ってるアホがいるけど、執行が長引けば長引くほど無駄な税金がかかる事を知れ。国葬はやりたい奴が払えと言うなら、執行を先延ばしにしたい奴は自分の財布から金を出せ


無駄な税金っていうけど無駄な税金なんてもっと他所にたくさん使われてるが。それに税金は使えば使うほど日本経済に良いんじゃなかったか?それに死刑執行中々しなかったのは結局君の大好きな自民党じゃないか。


執行までの恐怖って言うけど、刑務所のシステムで執行までのストレスを極力軽減かつ基本的人権は守られた状態だからなぁ…規則正しい生活に三食希望すれば運動付き。恐怖を感じないように刑務官がかける言葉にまで規定がある状態。ストレスフルと言えばそうだけど、究極の刑罰かって言うとなぁ。


基本的に土日祝日と年末年始は死刑が執行されないから、「今日執行されるかも」というストレスは平日しか無いからなぁ。それに暗黙のルールとして「再審請求中は死刑執行しない」というのがあって、先延ばしの為に再審請求を出し続ける死刑囚もいるから、死刑執行が遅いのは法務大臣が悪いなんて一概には言えないでしょ。


今回の件でも加藤死刑囚は死刑判決が出た翌年に再審請求をしてるんだけど、冤罪の疑いも今後の更生も余地が無いという事で、同年頃には法務省内でも執行の対象者として精査されていたようで、悪しき慣例を破って死刑執行命令を出してくれた古川法相に対しては「良くやってくれた」と自分は思うけどね。


加藤を擁護するつもりなどは毛頭ないけど、記事を読んでひとつ面白いことに気がついた。彼は思考のOSの異なる遺族の心情を彼なりに理解しようと努めたが、一方で遺族らは誰も加藤のことを理解しようとはしない。あるいはやろうとしてもできない。我々が共感性と呼んでいるものは結局のところ同質的な他者限定の理解だ。大半の者は異なるOSを走らせている他人の心情を想像できない。


もはや反省なんて求めない。地獄へ堕ちて未来永劫被害者達の苦しみを味わい続けろ。