傘は雨への対抗策として無難ではあるけれど、どうしても手がふさがるのが困りもの。そんな全人類の悩みを解決すべく、「ハンズフリー傘」が発明されました(解決できるとは言ってない)。

【その他の画像】

 発案者はもの作り系YouTuberの「The Q」。切り抜いたプラ板を重ね合わせて、人体を頭から肩にかけてすっぽり覆う、フード状の傘を作り上げました。デザインがよろい風で、装着した姿はまるでアルマジロが後頭部に貼り付いたようです。

 早速雨の日に実践した作者は、傘の効果に満足げにサムズアップ。確かに両手は空くし、頭しか守れない点を除いては完璧です。動画には、「面白い」「これは…ユニークですね」というコメントがある一方、「あなたは天才ですが、これは最悪のプロジェクトですね」「申し訳ないですが、雨は通常、垂直でなく斜めに降るんです」「それはレインコートの下位互換なのでは」など、厳しめのツッコミも寄せられました。

 The Qではほかにもユニークな発明品が多数公開されています。今回こそジョークっぽい品でしたが、「氷上を走れるセルフバランススクーター」や「電動できれいに切れるパンナイフ」など、実用性のありそうなものもみられました。

うん、確かにハンズフリーだし雨露をしのげそうだ……部分的に


(出典 news.nicovideo.jp)

面白いアイデア作品ですね。
遊び心は大人になっても大切にしたいですね!

<このニュースへのネットの反応>

頭と肩以外濡れるじゃん





ポンチョとかレインコートの方が性能良いのだがw


頭にオペラハウス被ってるようにしか見えない。


ただの王蟲じゃねーか


モルゲッソヨ感w