真夏日が続く一方で節電も求められるこのごろ、よく耳にする「エアコンの冷房は28度に設定」は、勘違いだとする指摘がTwitterで話題を呼んでいます。

【画像】環境省の指摘を見る

 そもそもこの「28度」は、環境省2005年から地球温暖化対策のために推進しているクールビズの指針。「冷房時の室温28度」を目安に空調を管理するとともに、軽装なども活用して快適に過ごすライフスタイルを呼びかける取り組みです。

 ここで注意したいのが、28度にするのはエアコンの設定温度ではなく、あくまでも「室温」である点。環境省も「設定温度を28度にしても、室温が必ずしも28度になるとは限らない」「クールビズで呼びかけている『室温28度』は冷房の設定温度のことではない」と明言しています。

 ただ、結果的に「28度」の数字だけが広まってしまったところはあり、「エアコンの設定は28度が推奨」と捉える人も多い様子。Twitterではこの誤解を正そうとするツイートが広く拡散され、「上司や家族が『28度』にとらわれて、設定温度を下げさせてくれない」「『28度』でなく、『快適な温度にしましょう』ではダメなのか」など、大きな反響を呼びました。

 ならばエアコンの設定は何度が適切なのか? 編集部がダイキン工業を取材したところ、「使用するエアコンや住まいの環境によって異なるため一概に言うのは難しい」としたうえで、「温度計で室温を確認しつつ、おおむね28度をキープできるよう調節いただくのが良いと考えます」との回答がありました。

 というのも、エアコンは一般的に、設定された温度を目指して運転するもの。設定温度に近づくと運転を弱めて室温の維持を目指し、外気温の影響で室温が上昇すると、再び設定温度を目指して運転を強めます。これを繰り返すため、設定以上の室温になるタイミングが発生することもあるということです。

 そのタイミングが発生する度合いや、室温と設定温度がどれだけ離れたら運転が変化するかは、メーカーや機種ごとにまちまち。機種によっては28度よりも低めに設定したほうが良いケースもあり、前述のように温度計で測りつつ調整するのがベターとなるとのことでした。

 あわせて、エアコンの節電方法を聞いたところ、「2週間に1度はフィルターを掃除」「室外機のまわりに物を置かない」「夏の日中に30分程度外出する程度であればつけっぱなしに」「風向きは水平、風量は自動で」とアドバイスがありました。詳しくは公式サイトの「エアコン節電情報」夏の冷房編を確認してほしいとのことです。

「28度」と聞いて、エアコンをその通り設定すればいいとは限らない


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ウチでは設定温度を20度にして30分ほど一気に冷してから好みの温度に戻す





広まってしまった28度の根拠の方に突っ込んでくれや


環境省が毎年今年の「適切な室内温度の目安」を発表すれば良いのでは? 何で毎回過去の発表に対して誤解だなんだと騒ぐのを訂正させようとするんだろう


そもそも28℃という数字に何の根拠もないという


湿度「あの…」


最初は厚労省だか環境省だかの人間が「"設定温度"を28度」にしろって言ったんだ。で、それでは室温が高くなりすぎるからある日いきなり「"室温を"28度って意味だよ何勝手に勘違いしてんの?」って言いだした。


エアコン節電情報でググったら、風力自動の根拠が「風量が少ないと設定温度にするまでに時間がかかり、その分、無駄な電気代がかかってしまうこともある」と言う事らしいが、それなら強とかの方が良いのでは?


高温多湿が問題なんだから除湿だかドライだかにすれば設定温度高めでも大丈夫、とかそういう節電情報は無いの?


そもそも湿度にもよるけど、一般的に熱中症患者が増え始めるのが25℃からだからな。気象庁もわざわざ「夏日」なんて言葉を作ったくらいだし、これからのスタンダードは25℃で良いんじゃない?勿論室温での話だから日の当たる南の部屋はもう少し低めで。


そもそも28度は夏日の25度超えてるし昔から誰もおかしいと思わなかったのか?