通信障害で【公衆電話】に注目集まる


7月2日に発生したauの大規模通信障害で、大きな注目を集めたのが公衆電話だ。携帯電話の普及により、台数を減らしている公衆電話だが、過去には東日本大震災などの災害時や緊急時に重宝され、その必要性は繰り返し説かれている。とはいえ、日常生活での利用シーンは間違いなく減少しており、その使い方を「知らない」という人も珍しくないようだ。

株式会社SheepDogが運営するITツール比較サイト「STRATE(ストラテ)」は2022年6月27日、宮城県・東京都・愛知県・大阪府・福岡県に住む15~24歳の男女300人に向けて公衆電話に関する調査を行った。

(「STRATE」調べ)

アンケート結果では60%が「使ったことがある」と答えた一方で、「使ったことがない」が29%、「そもそも見たことがない」が11%とあわせて4割に。人口の多い大都市を抱える都府県を対象にしているにもかかわらず、5人中2人は使った経験がないというのだ。

そもそも、公衆電話を見たことがないとは驚きだ(「STRATE」調べ)

また、同社が2021年10月に、同地域の15~19歳の男女300人に行ったテレホンカード(テレカ)に関する調査で、認知度と利用経験について尋ねたところ、「知らない」が22%、「知っているが、使ったことはない」が45%とあわせて67%と多数に。「知っていて、使ったことがある」は33%にとどまった。

(「STRATE」調べ)

かつて使っていた大人も、すっかりご無沙汰で使い方を忘れている可能性大!(編集部撮影)

通信障害を受けて公衆電話の使い方に困っていたのは、利用したことがない若者だけではない。かつて、公衆電話を利用していた世代も「最初に受話器を取るってことすら思い出せずに、お金を入れてそのまま出てきてパニックだった」など、SNS上で戸惑いの声を上げていた。

公衆電話は、まず受話器を持ち上げてから10円玉かテレホンカードを入れ、発信音が聞こえたら電話番号を押して通話する。

また、緊急時は無料でつなぐことができる。電話機にある緊急通信用の赤いボタンを押し、発信音が聞こえたら110番や119番をプッシュ。赤いボタンがない場合は、そのまま番号を押せば通話できる。いざという時に慌てないよう、確認しておくとよさそうだ。

公衆電話は、災害時のインフラとして活躍するだけでなく、屋外での最低限の通信手段確保などの観点から設置基準が定められている。しかし、今年4月に基準が緩和され、今後は市街地で1平方kmに1台、その他の地域は2平方kmに1台と改定前の倍になった。今後5年間で、さらに4万台の公衆電話が姿を消す見通しだ。

いざというときの“備え”として、削減の方向でいいものか不安はある。

出典元:公衆電話に関するアンケート【STRATE[ストラテ]
出典元:テレホンカードに関するアンケート【STRATE[ストラテ]

【日時】2022年07月05日 10:00
【提供】オトナライフ







#2 [匿名さん] :2022/07/05 10:13

まだNTTが必要なわけで...


#3 [匿名さん] :2022/07/05 10:16

ちなみに100円入れてもお釣りは出ません


#4 [匿名さん] :2022/07/05 10:24

空港とかに置いてるグレーのヤツは高性能だよな。


#5 [匿名さん] :2022/07/05 10:28

見たことないってより 歩きスマホで気づかないだけでは? 確かに台数は減ったが 見渡せばあるぞ


#6 [匿名さん] :2022/07/05 10:32

電話することなんて年に1回あるかないかだから必要ない


#9 [匿名さん] :2022/07/05 11:21

老朽化した火力発電と同じで、電話線の老朽化がひどいので
今後交換機はデジタルに成るけどどうなるか解らん

コンクリートから人へとか言ったアホがいるけど
全てのインフラは維持費がかかる


#15 [匿名さん] :2022/07/05 12:14

>>9
橋脚等がボロボロになって困ってます


#10 [匿名さん] :2022/07/05 11:21

昔はほとんどの駅に公衆電話があったが今では見ない


#13 [匿名さん] :2022/07/05 12:05

家の近くの公民館に電話ボックスがあるけど
通電してないらしく全然使えない。