「5回勝負して4回勝つ人」と「100回勝負して60回勝つ人」


学べる通勤をテーマにした「識学トレインアカデミー」。

仕掛けたのは昨年6月に東京証券取引所マザーズ(現 東証グロース)市場に上場したマネジメントコンサルティングの識学。東京メトロ丸ノ内線及び銀座線の一部車両の広告を使って実施されていたこの企画。見かけたことのある人もいるのではないだろうか(実施期間は2022年6月16日から6月30日まで)。

あなたはすぐに答えられる!?

タイトルの問い以外にもビジネスパーソンの嗅覚を刺激する質問が多数なげかけられている。

「来年こそは英語力を2倍にアップさせたい」
この目標設定の問題点とは?

最近はやりのティール組織と従来のピラミッド組織。
会社の成長スピードが速いのはどちら?

など、ビジネスパーソンでなくても気になる質問が多数掲載された。

話題となった賛否両論のツイート

TwitterなどのSNSで広く拡散されたのは、とあるTwitterユーザーが「今の僕に刺さる広告でした…」というコメントとともに投稿した「『5回勝負して4回勝つ人』と『100回勝負して60回勝つ人』ビジネスにおいて優秀な人はどちらでしょう?」という質問の画像。

この投稿に7万件を超えるいいねや3000件以上のリツイートが殺到。「考えさせられる」「人生は出来るだけドラマチックに生きたいと思ってる俺はもちろん後者。」などと、さまざまなコメントを添えた引用リツイートが多く集まった。

引用リツイートの主なコメント

・ビジネスの種類による。
・数撃ちゃ当たる。失敗を恐れず沢山挑戦しよう!
・野球のバッターなら成功率3割で十分ですが、医者の手術なら成功率3割って訳にはいかない。
・圧倒的打席数をかんがえて、後者のが優秀ですね。
・ナンパ理論と似てるなぁ。
・役職や立場によりますなぁ
・私も、100回勝負したい!
・そもそもチャレンジ出来ないのが今の社会よ
・食ってけるんならどっちでもいい

これらの反響を呼んだことについて、識学の公式Twitterアカウントでは次のようにコメント。

弊社が掲出した識学トレインアカデミーがTwitter上で賛否両論の反応をいただいており、大変嬉しく思っております。
これを機にマネジメントへの注目が高まると幸いです。

ちなみに「『5回勝負して4回勝つ人』と『100回勝負して60回勝つ人』ビジネスにおいて優秀な人はどちらでしょう?」に対する識学の答えは、後者の「100回勝負して60回勝つ人」。その気になる理由については「識学トレアカ」の公式サイトで解説されている。

トレインアカデミー(識学)公式サイト:
https://corp.shikigaku.jp/train_academy

【日時】2022年07月01日
【提供】ガジェット通信







#4 [匿名さん] :2022/07/01 16:03

簡単に言えば

成功率8割だがたった4件の成約
成功率6割だが60件の成約

60件の成約取るやつは凄いでしょ?って話
簡単過ぎてアホくさ


#5 [匿名さん] :2022/07/01 16:20

おれは安定の10戦10敗


#8 [匿名さん] :2022/07/01 16:26

勝って兜の緒をしめる


#9 [匿名さん] :2022/07/01 16:27

勝てば官軍、負ければ賊軍


#10 [匿名さん] :2022/07/01 16:29

負けグセ


#11 [匿名さん] :2022/07/01 16:35

くだらねw
意識高い系は食い物にされやすいから要注意。


#12 [匿名さん] :2022/07/01 16:39

ビジネスとはなんぞや


#13 [匿名さん] :2022/07/01 16:43

どう考えても5回勝負4勝の方なんだが。こっちが100回勝負したら80回勝つだろ。


#15 [匿名さん] :2022/07/01 16:47

成功者99%の努力と1%の運


#17 [匿名さん] :2022/07/01 16:49

継続は力なり


#18 [匿名さん] :2022/07/01 16:51

勝てる勝負を逃さず、負けない人が強い人だ。
石橋を叩いてパクって後出しするような卑怯な企業は勝てる勝てない以前の問題外。


#19 [匿名さん] :2022/07/01 16:52

勝って兜の緒をしめよ