📊“岸田インフレ”深刻でも賃上げ無策…「最低賃金1000円目標」まるで安倍政権時代のコピペ - 政治・経済ニュース掲示板|296レス|爆サイ.com南関東版


“岸田インフレ”深刻でも賃上げ無策…「最低賃金1000円目標」まるで安倍政権時代のコピペ
 岸田インフレが深刻だ。物価がみるみる上昇しても賃金が上がらないからだ。ところが、先週閣議決定された「骨太の方針2022」での賃上げ政策は、驚くほどお寒い内容だった。

■海外は物価引き上げラッシュ
 労働者全体の賃金を底上げする指標とも言えるのが「最低賃金」の引き上げだ。物価高騰を受け、海外では春から夏にかけて、最低賃金(時給)が次々引き上げられている。

 英国は4月から9.5ポンド(約1560円)に、フランスは5月から10.85ユーロ(約1530円)にアップ済み。ドイツは7月に10.45ユーロ(約1470円)、10月に12ユーロ(約1690円)まで引き上げられる。ロサンゼルスは7月から16.04ドル(約2140円)だ。アルゼンチン、マレーシア、ケニア、ロシアなどの最低賃金も増額されている。

 一方、日本の最低賃金(昨年10月~)は930円(全国加重平均)。欧米との差に愕然としてしまうが、岸田首相は意に介さないようだ。今回の骨太の方針では〈できる限り早期に全国加重平均が1000円以上となることを目指し、引き上げに取り組む〉とショボい目標しか示さなかった。

 実は「最低賃金1000円以上」の目標は安倍政権下の2016年の骨太の方針で初めて明記されたものだ。〈年率3%程度をめど〉と引き上げペースも記載がある。当時の最低賃金798円から年間3%ずつアップしていけば、23年には1000円以上になる計算だが、現実はめどを下回る金額にとどまっている。

■2016年の方針をそのまま……
「最低賃金を含め賃上げが進まないのはアベノミクスの失敗です。安倍元首相の責任は大きい。ただ、岸田首相の姿勢もマズい。ウクライナ情勢もあり、強烈なイ..

【日時】2022年06月13日 15:30
【ソース】日刊ゲンダイ







#2 [匿名さん] :2022/06/16 09:49

儲かってないのに、最低賃金だけ上げてどうする


#3 [匿名さん] :2022/06/16 09:51

>>2
最低賃金が上がったら、高い単価のバイト下げるかシフト減らす
それしか無い