その人の価値観や思考の深さなど、話し方には知性があらわれる。

一見仕事ができそうでも、しゃべってみると「なんか頭悪そうだな」と思われてしまう人。
イケメンなのに口を開くと「あ、この人バカだ…」と周囲に気付かれてしまう人。

あなたの職場や学校、友人周りにこんな人はいないだろうか。いや、もしかしたらあなた自身がこの類の人間かもしれない。
では、私たちはどんな話し方をされると「この人バカそう」と思うのだろうか?
2004年に出版され、今なお読まれ続けている『頭がいい人、悪い人の話し方』(樋口裕一著、PHP研究所刊)によると、そこにはいくつかの法則がある。

■自分の価値観だけですべてを判断する

自分の価値観がすべてだと考えているため、他人が別の価値観を持っているかもしれないことを想像できない。そのため、時に相手の言い分を聞かずに断罪してしまったり、周囲から見ると頓珍漢な判断を下してしまったりする。

■矛盾に気づかない

矛盾なく話せる人は案外少ないが、それでも多くの人はどこかの段階で自分の矛盾に気づいて訂正する。しかし頭の悪い人は、自分の矛盾に気づかずに話を進め、いつしか自分でも何を話していたのかわからなくなってしまう。

■むやみに難しい言葉を使う

新しい言葉を覚えたら使ってみたくなるのは仕方ない。しかし、難しい言葉や横文字を多用すると、かえって内容の薄さが際立ってしまうことがある。こういう言葉遣いをする人は、自分でも何を言っているか理解していないことも多く、「何を言っているのかわからないので、わかるように説明してください」と言われるとしどろもどろに…。

■少ない情報で決めつける

まだ情報が少ないうちから「これはこういうことだ」と決めつけてしまうのは、頭の悪い人の典型的な行動だ。物事には複数の側面であり、判断できるだけの情報がそろうまでに一定の時間が必要なもの。先走った断定は判断を誤るだけでなく、周囲から「こいつ、大丈夫か?」と思われてしまう。

■具体例が出ず、話が抽象的

何かをわかりやすく説明したい時に具体例は必須。
「これは〇〇だよ。つまり▲▲ということ」「たとえば□□が当てはまる」 「つまり」「たとえば」に続く部分を上手に挙げることができないと、「この人、自分の言っていることが自分でもわかってないんだろうな」となってしまう。

周囲にバカにされるのは「バカなように見えて本当にバカな人」ではなく「本人は賢いオーラを出しているのに、しゃべるとバカがバレてしまう人」である。こういう人を上司が重用することはないし、部下が尊敬することもない。しかし、「バカだと思われる話し方」がわかれば「賢いと思われる話し方」もわかる。心当たりのある人は、自分の話し方を見直してみてはいかがだろう。

(新刊JP編集部)

初対面で「この人頭悪い」と思われるしゃべり方(*画像はイメージです)


(出典 news.nicovideo.jp)

経験とか訓練で上手くなれるかな?

<このニュースへのネットの反応>

タメ口





>具体例が出ず、話が抽象的> 出たよ。この思想大嫌いだわ。具体例って双方が同じイメージを共有してないと伝わらないから、具体例を言う側じゃなく受け取る側の知識も重要。言う側は相手のレベルに落として表現するからどうしたってズレが出る。それを言う側の責任だけにしたてあげるの嫌いなんだよね。わかりにくい具体例に落とさざるを得なくなるのは受け取る側も一因でしょうに。


記事にも知性が現れる


最近は東大生でさえ多用するが、会話の中に会話文を引用する語り口は話者がバカっぽく見える。お硬い会議でやると恥かくから注意な


ん?全部書いた人のことじゃないのか


↑頭の良い人同士の会話なら抽象的な概念だけで会話できそう。*だから具体的な話をしないと理解できないんだろうね。「むやみに難しい言葉」は受け手が難しいと思っているだけで、話し手は普通の言葉だったりする。難易度の話ではなく、伝えたい事柄を端的に表しているだけということもある。


自分の発言の「↑」は「無法松」さんの文章の事ね。。。誰もコメント書かないと思っていたら、結構みんな書いていた・・・


相手のレベルに合わせてしゃべれる人>同じレベルの人に伝わる言葉でしゃべれる人>うまく説明できない人>自分を賢く見せたくてわざわざ伝わりにくい言葉を使う人な感じで賢い~*と思ってる。どことどこを比べるかでも賢いととるか*ととるか変わるけど、2番目と4番目を分けて表現しづらいのと2,3番がボリュームラインなせいで表現を気を付けないと不評を買うとも思う


ばっちり図星つかれたニコニュー民の大反発現場


>aaaaa 言う側の評価だけならそれでいいと思うけど、どう考えても受け取る側が問題(基礎知識皆無とか)な事例でも言う側の説明が分かりにくいと評価するやつは出てくるからなあ。