新型コロナウイルス感染症の流行により、大きく変化した日常のひとつが、外出時におけるマスクの着用。

 感染対策のための「一時的措置」とはいえ、2年が経過した今、それは「普通」に置き換わってきているようです。フリーアナウンサーの安田さちさん(以下、安田さん)が、「変化」についてTwitterで紹介しています。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

「『マスクを外していいよ』と体育の授業で言われても取りたがらない子がほとんど。娘のクラスで取ったのは3人だけだったらしい。感染対策というより顔を見られるのが恥ずかしいんだって。もはやマスクは洋服感覚。『顔パンツ』なんて例えもあるくらいだもんね。これがコロナが招いた切ない現実なんだ」

 お笑いトリオ安田大サーカスの「団長」こと、安田裕己さんの妻でもある安田さん。今回投稿された内容は、小学生の娘さんから聞かされた話しだったそうです。

 感染リスクではなく、羞恥でマスクを外すことを躊躇っている現実には、率直に寂しい気持ちを抱いたといいます。

 「『顔を見られたくない』から外せないのは、正直異様なことに感じましたね」と振り返る一方で、娘さんたちの考えを知り「驚き」もあったそうです。

 「最近では、『オンライン授業』においても、ほとんどの子がマスクを着用しているんです。子どもは、私たち大人以上に、『コロナ禍』の生活に順応しているんだと思います。ただ、結果として、マスクを外すことに抵抗ができてしまっています。これは衝撃でした」

 先月5月に行われた政府の発表により、特定条件下でのマスク着用緩和が推奨されたこともあり、安田さんは、夏場の熱中症への不安も考え「皆さんの意見を聞いてみたい」と投稿することに。

 するとリプライ(返信)欄では、同様に「寂しい」という感想がある一方、「子どもたちの気持ちも分かる」という声も寄せられています。

 筆者のまわりにも、安田さんのお子さんと同年代の子どもたちがおり、今回の投稿に近い話を聞かされることが増えています。

 特に印象的だったのは、マスクを外した場合、誰か分からなくなるという点。一部で「顔パンツ」とも揶揄されるほど、身体の一部になってしまったマスクの存在は、他人からの印象にも大きな影響を与えています。これは旧知の間柄でも同様。我々大人が思っている以上に、「2年」というのは、子どもたちにとって長く、かけがえのない時間なのです。

 「最終的には(マスクを)外す・外さないは個人の自由です。ただ、私は、コロナ前のように、子どもたちの笑顔が見られる『日常』が戻ることを願っています」

 一連の反響を振り返り、安田さんは最後にこのように語っています。

<記事化協力>
安田さちさん(@mito0504)

<参考・引用>
厚労省マスク着用の考え方
※本文画像は厚労省HP掲載のPDFデータマスク着用の考え方」を引用。

(向山純平)

もはや「顔パンツ」 顔を見られるのが恥ずかしい……「マスクを外したがらない子どもたち」


(出典 news.nicovideo.jp)

うちの子も、そういえば屋外でもマスク外さないなぁ…
コロナがさらに収束してこれば、外す子も増えてくると思ってます。

<このニュースへのネットの反応>

外国ではマスクやめるところも多いらしいよ。嫌なら移住すれば?





与党がマスク外す方向にシフトしてきたら今度は野党とブサイクがタッグになって阻止してくる未来しか見えない、ってもともと野党はブサイク多いけどw


頭のリトマス試験紙になりつつあるな。顔パンツ。


コロナ禍は中禍。それを隠蔽して「顔パンツ」なんて造語で印象操作されてもなあ


顔パンツ、顏パンツとマスク反対派は良く言うけどパンツを見られるのは恥ずかしくないの?


顔パンツ?嫉妬マスクのことですかね??


売春行為をパパ活だとか誤魔化したり、外出時のマスクを顔パンツだとか言い換えたり。マスゴミの存在自体が恥ずかしい。


必死で広めようとしてるけど流行らんね


パンツじゃないから恥ずかしくないんだよなぁ・・・


武漢ウィルスの他にもマスクが必要になった場合、現状でも精神的苦痛を受けたとかで賠償取れそうなこの造語によってマスクを嫌う人が出たら責任取んのかが気になる点。