漫才師のオール巨人(70)が、8日放送のラジオ関西Clip』(月~木 後2:30)に出演。今年の『M‐1グランプリ』の審査員を「やりません」とあらためて明言し、「(千原)ジュニアはええんちゃうかと思う」と推薦した。

【写真】オール巨人が出してきた自分の履歴書を見て有吉は…

 かわいがってるコンビからし蓮根の伊織(28)と杉本青空(28)のオファーに応えてこの日出演。自身の著書『漫才論 僕が出会った素晴らしき芸人たち』について、「そんなにたいしたことは書いてないんですけどね。本当はその1.5倍ぐらいあったんですけど、だいぶ割愛して」と言いながら、熱い漫才愛を明かした。

 『M‐1グランプリ』の審査員については、「今年は行きません」ときっぱり。「なんでやって言われるんですけど、疲れるのもあるのと、歳が歳やというのもあるのと」とした上で、「ちょっとわからん漫才が出てくるんですよ」とも理由を語った。

 伊織から「コウテイですか?」と独自の世界観で人気のコンビ名を挙げられると、「コウテイはちょっと理解もしてきた。向こうもこっちに寄ってきてくれた」と言い、「たとえば、ゲームのネタをやられたりするじゃないですか。ゲームキャラクターが出てきたりする。そこまでわからへんし、『これ審査してもええんか?』とかね」と説明。

 さらに、「いろんなものを見たり聞いたりするけど、ゲームまで憶えとかなあかんとか、購入してやっとかなあかんということになるとね…」と言い、「僕らのお願いなんですけども、誰もがわかるネタをやってくださいと、それが基本なんです。(ゲームのネタは)自分の単独ライブでやったらいい話で、すべての皆さんがわかる内容でやってほしいというのがありますね」と語った。

 そうした中で、売れても変わらず頑張っているコンビとして、かまいたちNON STYLEらを挙げ、『M‐1グランプリ』の審査員後任には「ジュニアはええんちゃうかと思う。漫才もやってるし、『座王』も見るんやけどね」と語っていた。

オール巨人 (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

優勝した人よりしなかった人が国民からウケてる時点でズレてる証拠だからね 妥当





オレのわからんモノはダメ、これだから若いもんは!!!!とか言わずについていけないもの品評するのダメって言える姿勢は正しいな。その上でプロなら客を考えろというのはまあ納得


最近のコントやお笑いはそもそも面白くない。ほとんど身内ネタまみれで視聴者にとって面白いネタをやってない。学芸会レベル。


しっかり表明して辞退するのはすげぇ潔くて格好いいな。テレビ自体見てないから分からんけど…ゴルフネタとかもやったことない人からしたら分からんのだし、大衆のなかでどっちが知られているかと言えば…作品次第だろな


Mー1見てても笑えたことがない。雰囲気で笑わせようとしているだけ。


↑結局緊張と緩和で雰囲気作って笑わすものだってさんまも言ってたからそれは「できてない」ってだけだな


最近テレビで見る芸人達の大半が「大声で叫ぶ(何言ってるかわからない)」「変な動きをしながら何か喋ってる(意味が分からない)」で、どこに笑いがあるのか理解できない。笑点の大喜利を見てる方が遥かに面白い。


今の若者にやすきよ漫才みせてやりたいわあれがすべての基本だから真似できそうで出来ないね


トレンディエンジェルの事か!


古い世代からすると、花王名人劇場で活躍していた漫才の方々は本当に万人受けするよい漫才師だったなぁ。悪い言い方すると、最近の方々は身内ネタとか一部にしか受けないネタで受けている感じがあってちょっとなぁと思う。(懐古厨と言われればそのとおりと思います)