イノベーションシステム大阪市)が運営する「ひまわり教育研究センター」は、現役東大生220人に対し「子供のころの過ごし方」に関する複数のアンケート調査を実施。アンケートの中から「父親、母親はどんな存在だったか」の結果を取りまとめたところ、4割以上が「優しく見守ってくれる人」と答えた。

【その他の画像】

●母親はどんな存在だったか

 母親はどんな存在だったかと質問したところ、「優しく見守ってくれる人」(41.8%)と答えた人が最も多かった。次いで「褒めてくれる(認めてくれる)人」(33.2%)、「励まして勇気付けてくれる人」(29.6%)と続いた。

 結果を男女別に見ると、男子は「優しく見守ってくれる人」(44.4%)が最多で、以下「褒めてくれる(認めてくれる)人」(30.2%)、「励まし勇気付けてくれる人」(29.3%)、「お手本になってくれる人」(28.3%)、「叱ってくれる人」(27.4%)と続いた。

 一方の女子は「優しく見守ってくれる人」(40.6%)が最も多く、次いで「褒めてくれる(認めてくれる)人」(35.6%)、「友達のような人」(29.7%)という結果に。

 男子は母親の存在を「叱ってくれる人」と答えた人が多く(男子27.4%、女子18.8%)、一方の女子は「友達のような人」と回答した人が多かった(男子20.8%、女子29.7%)。

●父親はどんな存在だったか

 父親はどんな存在だったかと尋ねると、「優しく見守ってくれる人」(40.8%)という回答が目立った。次いで「お手本になってくれる人」(29.1%)、「励まして勇気付けてくれる人」(28.2%)と続いた。

 結果を男女別に見ると、男子は「優しく見守ってくれる人」(36.8%)、「お手本になってくれる人(28.3%)、「褒めてくれる(認めてくれる)人」(26.4%)の順に回答した人が多かった。

 女子は「優しく見守ってくれる人」(45.5%)が最も多く、「励まし勇気付けてくれる人」(33.7%)、「お手本になってくれる人」(30.7%)と続いた。

 男子より女子のほうが「励まし勇気付けてくれる人」(男子22.6%、女子33.7%)、「優しく見守ってくれる人」(男子36.8%、女子45.5%)と回答した人が多かった。

●「父親の存在」と「母親の存在」の比較

 最後に「父親の存在」と「母親の存在」を比較した。大きな差は見られなかったが、母親の存在は「褒めてくれる(認めてくれる)人」「友達のような人」の回答が多く、父親の存在は「お手本になってくれる人」「印象はない」の答えが目立った。

 ちなみに「その他」の回答を見ると、父親の存在が「迷惑な人」「悪い手本」とネガティブな意見があったが、母親に関しては見られなかった。

 インターネットを使った調査で、現役東大生220人が回答した。調査期間は2月17~19日。

現役東大生に聞く、親の存在は?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>